ルアプナ レースウェイ(Mike Pero Motorsport Park, Ruapuna)で開催された南島耐久レースシリーズ ラウンド2(Round 2 – South Island Endurance Series )を観てきました!

Ruapuna Raceway(ルアプナ・レースウェイ)とは、ニュージーランドで長い歴史のあるレースコースで、二輪車や四輪車のレースが頻繁に行われています。このレースコースが、Airways Motel(エアウェイズ・モーテル)からとても近いんです。車で10分もかかりません!

今回行われたSouth Island Endurance Series(南島耐久レース)は、中でも大きなイベントの一つだそうです。観客は入場無料でした。

Ruapuna Raceway レースコースの運営会社は、Canterbury Car Club Inc で、不動産会社のMike Peroが命名権を持っています。
のどかな農場の合間を走っていると急に目に留まるのが、Mike Pero一色の入り口の看板です(ちなみに写真は、敷地内から外に向かって撮りました)。

ゲートを入ると左側が観客用の駐車場。といっても、みんな芝生に適当に駐車。
そばの柵から向こうはもうレースコース。別世界です。レーシングカー好きにはたまらない光景です。

Tyres of Racing cars at Ruapuna Raceway

そこから、スタート・ゴール地点に近いスタンドまで歩いてみたら、各チームがそれぞれのレーシングカーの最終チェックをしている所でした。タイヤのでかいこと!カバーがかかっているのは、電気毛布の様なもので温めているのだそうです。

Racing cars ready for the race

よくテレビで観る光景です!

Cars started the race

最初にピッチに1台ずつ入ってきてコースを1周。で、スタート地点に並びます。で、スタートの旗が振られたら一斉にスタート。そりゃぁ、すごい音です。

大抵のレーシングコースってこういう風に出来ているのでしょうけど、目の前のスタート地点の前後が直線コース。毎周、ここでそれぞれの車がものすごいスピードを出します。これがレーシングカーだから、いやぁ、すごいド迫力。1周はあっという間で、ものすごいスピードのレーシングカーたちが何度も目の前を通り抜け。

今回のレースには、とても有名なドライバーも出ていて、レベルが高かったそうです。

Spectators on the grass

見るのはこんな感じで芝生の上でだら~と。車好きの子供たちには、たまりませんね。

Yellow and Black Racing Car

私たちが観たのは、3時間のEndurance Race(耐久レース)。さすがにずっと見物する時間はなかったのですが、ものすごいスピードでずっとトップで走っていた黒と黄色のレーシングカーは、その後調子悪くなってフィニッシュできなかったそうです。

正直、カーレースってうるさいだけみたいな先入観を持っていましたが、実際見たら全然違う。人気があるのがよくわかりました。

お天気な日の午後、こんなレースを観戦するのもまた一味違った過ごし方で、楽しめました。

 

Ruapuna Raceway( ルアプナレースウェイ)のホームページ:www.ruapuna.co.nz
Ruapuna Raceway( ルアプナレースウェイ)の運営会社Canterbury Car Clubのホームページ:www.canterburycarclub.co.nz
今回観戦したSouth Island Endurance Series(南島耐久レースシリーズ)のフェイスブックページ:www.facebook.com/sierdcnz


Comments are closed.